« 被相続人の戸籍 | トップページ | 突然のバージョンアップ »

2010年6月25日 (金)

提訴後の方が提示額が低い?

債務整理・過払い請求 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

過払い請求をする場合、

事前に裁判外で交渉するケースと、

即訴訟を提起するケースがあります。

依頼者の方の意向や、

過払金の額、相手の対応などにより、

判断することにしています。

一般的に提訴した場合は、

相手の提示額が、

提訴前より上がるのが普通ですが、

いくつかの業者は違います。

今日届いた答弁書を見てみると、

特に反論等は書かれてなくて、

和解案の提示のみです。

和解案を見てみると、

提訴前の交渉時よりも、

金額が下がっていて、

おまけに返還日も遅くなっています。

和解希望と書いてありますが、

和解できるわけがありません。

これで和解するんだったら、

提訴前にとっくに和解してますよ~!

このような対応をされると、

気分的には1円たりとも減額したくなくなります。

とりあえず来週に1回目の期日。

次回期日を決めて終わりになりそうです・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 被相続人の戸籍 | トップページ | 突然のバージョンアップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被相続人の戸籍 | トップページ | 突然のバージョンアップ »