« 相続した不動産の売却 | トップページ | 「相続」なのに「売買」・・・ »

2010年10月 5日 (火)

貸金業者合併の弊害

債務整理・過払い請求 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

破産や個人再生の場合とは違い、

任意整理の場合は、

車のローンなどについては、

今後も支払いが可能であれば、

手続きから除外することも可能です。

車のローンなどは、

通常、所有権留保がついており、

所有者はローン会社になっているため、

債務整理をすると、

車を引き揚げられてしまいます。

今回もA・B・C3社の任意整理をし、

車のローンは上記3社とは別会社ということで、

除外して手続きを進める予定でした。

受任通知を発送する前に、

車のローン会社を念のため調べてもらうと、

D社とのこと・・・えっ!D社

・・・D社は少し前にA社と合併したんです・・・。

ということでA社に受任通知を送ると、

車のローンにも影響してきます。

A社と交渉すれば、

もしかしたら車は何とかなるかもしれませんが、

正直なところやってみなきゃわかりません。

貸金業者の合併は気をつけなきゃいけません。

今後さらに合併が増えれば、

このような弊害も増えてしまいますね・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 相続した不動産の売却 | トップページ | 「相続」なのに「売買」・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相続した不動産の売却 | トップページ | 「相続」なのに「売買」・・・ »