« 債務整理しても使えるETCカード | トップページ | 貸金業者合併の弊害 »

2010年10月 4日 (月)

相続した不動産の売却

相続・会社設立 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちらへ
「埼玉司法書士相続相談室」

お亡くなりになった方が、

不動産をお持ちだった場合、

相続人の方がその不動産を売却するには、

売却の前提として、まずは相続登記をして、

不動産の名義を亡くなった方から、

相続人名義に変更する必要があります。

一部例外がありますが、

その説明は省略します・・・

相続した不動産の売却をお考えの方は、

早めに相続登記を済ませておきましょう。

相続登記をしていなくても、

遺産分割協議が済んでいれば、

売買契約などはできますが、

けっこうバタバタしてしまうものです。

相続登記+所有権移転(売買)登記を、

連件で申請することもありますが、

事前に相続登記が終わっている方が、

司法書士としても精神的に?ありがたいです

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 債務整理しても使えるETCカード | トップページ | 貸金業者合併の弊害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 債務整理しても使えるETCカード | トップページ | 貸金業者合併の弊害 »