« 分断を争うべきか? | トップページ | 不動産の記載大丈夫ですか? »

2010年11月17日 (水)

(過払い)よくある誤解

債務整理・過払い請求 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

過払い請求について、

一般の方がよく誤解しているケース。

信販会社のクレジットカードは、

キャッシングとショッピング機能がありますが、

キャッシングは長年使用しているから、

過払い請求ができるんじゃないか?

というご相談を受けます。

確かにそれ自体は間違いではないですが、

ショッピングも利用している場合は、

よく検討する必要があります。

例えばキャッシングは10万円の過払いになって、

ショッピングの残債務がまだ20万円ある場合、

ショッピングの支払いはとりあえず置いといて、

キャッシングの過払金10万円だけを、

相手に請求し返してもらうことはできません。

この場合はショッピングの残債務20万円と、

キャッシングの過払金10万円を相殺して、

残り10万円を支払わなければなりません。

つまりショッピングの残債務と相殺しても、

まだキャッシングの過払金が残る場合だけ、

過払い請求ができるということです。

相殺後ショッピングの残債務が残ってしまうと、

債務整理扱いとなり、

信用情報に登録されてしまいます。

キャッシングが過払いになれば、

債務総額自体はかなり減少しますが、

信用情報を気にされる方は、

まずはご自分で取引履歴を取り寄せてみて、

判断することをお勧めします。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 分断を争うべきか? | トップページ | 不動産の記載大丈夫ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分断を争うべきか? | トップページ | 不動産の記載大丈夫ですか? »