« 消費者法ニュースの購読 | トップページ | 相続税の話 »

2010年11月10日 (水)

債務整理と口座凍結

債務整理・過払い請求 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

銀行のカードローンなどを債務整理すると、

その銀行の口座は凍結されてしまいます。

このことはよく知られています。

任意整理の場合でしたら、

ご依頼者の状況や希望を確認し、

問題無いと判断できたら、

銀行は手続きから除外することもあります。

通常、銀行のカードローンには、

全て保証会社が付いています。

各銀行や各金融商品により、

保証会社はまちまちですが、

大手の消費者金融や信販会社が、

保証会社となっているケースが大半です。

たまにあるのが、

Aという保証会社が付いている、

銀行のカードローンの他に、

Aからも直接キャッシングをしているケース。

ある事情から銀行のカードローンは除外して、

Aのキャッシングだけ任意整理したい場合、

カードローンがある銀行口座は、

凍結されてしまうのでしょうか?

答えは業者によりまちまちなんですが、

凍結されてしまうケースもあるようです。

その銀行口座が給料の振込口座などの場合、

凍結されてしまったら大変です。

その場合は給料の振込口座を変更するまで、

受任通知の発送を保留にしたりします。

保証会社だけ整理するのであれば、

凍結されないことの方が、

多いように思いますが、

けっこう気を遣うところではあります・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 消費者法ニュースの購読 | トップページ | 相続税の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費者法ニュースの購読 | トップページ | 相続税の話 »