« 個人再生の研修 | トップページ | (過払い)よくある誤解 »

2010年11月16日 (火)

分断を争うべきか?

債務整理・過払い請求 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

取引の分断がある過払い訴訟。

被告から答弁書が届き、

当然分断を主張しています。

ちなみに分断が認められると、

最初の取引で発生した過払い金は、

時効となってしまいます。

ですが今回の案件は、

最初の取引期間はわずか数カ月で、

借入額もかなり少額なので、

仮に時効にかかっても、

数千円しか金額はかわりません。

そこで考えてしまったのが、

分断は争わず認めてしまおうか?ということ。

相手は武富士の次は・・・との噂がある業者。

こちらとしては分断を争って、

仮に期日が1回分伸びるよりも、

分断を認めて早期に終結してもらった方が、

正直言ってメリットがあります。

でもあっさり認めるのも、

気分的にはちょっと嫌だな・・・。

悩みます

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 個人再生の研修 | トップページ | (過払い)よくある誤解 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個人再生の研修 | トップページ | (過払い)よくある誤解 »