« 司法書士6年目突入 | トップページ | 相続登記後に別の不動産発見! »

2010年11月 4日 (木)

農地の売買

相続・会社設立 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

農地(畑・田など)を売買したり、

宅地に転用したりする場合、

農地法の許可や届出が必要になります。

登記申請の際にも、

農地法の許可書等が必要になります。

今回は売買契約自体は、

かな~り昔に行われていますが、

当時農地法の許可が下りなかったらしく、

所有権移転ができていません。

通常このような場合は、

仮登記などをしておきますが、

今回は仮登記もしておらず、

売買代金もすでに支払済みとか・・・。

いくら信頼関係があるとしても、

司法書士からすると、

「ちょっとそれ危険ですよ!」という感じです。

改めて許可申請して頂き、

めでたく許可が下りたので、

あとは売主さん・買主さんに、

署名捺印を頂いて、

すぐに登記を申請する予定です。

ちなみに売買契約が先に行われ、

その後に農地法の許可が下りた場合は、

売買日付は許可書の到達日となります。

試験では必ず勉強しますね

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 司法書士6年目突入 | トップページ | 相続登記後に別の不動産発見! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 司法書士6年目突入 | トップページ | 相続登記後に別の不動産発見! »