« 会社設立のご相談(ふじみ野市) | トップページ | 電話相談の担当日 »

2011年1月26日 (水)

競売と固定資産税

相続・会社設立 無料相談実施中
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

固定資産税は1月1日現在の、

所有者に対して課されます。

年度の途中で売買した場合は、

決済の際に日割り計算して、

精算するのが一般的になっています。

通常、競売の場合は元の所有者と、

買受人が接触することがありません。

日割り計算をして精算できなかった場合、

後になって元の所有者から、

所有権移転日以降の固定資産税を、

請求された場合に、

買受人は支払う義務があるのか?

色々調べてみたら、

あくまで納税義務者は、

1月1日現在の所有者で、

特段の事情がない限り、

買受人は支払う義務はないようです。

東京高裁で判決も出ていました。

質問されて調べたんですが、

普段あまり考えたことがなかったので、

良い勉強になりました

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 会社設立のご相談(ふじみ野市) | トップページ | 電話相談の担当日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社設立のご相談(ふじみ野市) | トップページ | 電話相談の担当日 »