« 相続放棄受理の連絡 | トップページ | 過払い/10万円以下はゼロ! »

2011年3月 3日 (木)

予備的遺言

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

遺言書を作成する際、

1 「妻Aに全財産を相続させる」

2 「万一、遺言者より前に

  妻Aが死亡していたときは、

  全財産を長男Bに相続させる」

というような遺言にすることもできます。

予備的遺言なんて言いますが、

色々と予備的な事を考えだすと、

キリがなくなってしまうこともあります。

遺言は将来自分が亡くなってからのことなので、

その時に財産や相続人がどうなっているか、

遺言書作成時には確定はできません。

最低限の予備的な事を盛り込んでおき、

その後あまりに状況が変わった場合は、

もう一度新たに遺言書を作成するということで、

対応するのがよいと思います。

「あの場合は」「この場合は」と考え出すと、

訳がわからなくなってしまいますね・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 相続放棄受理の連絡 | トップページ | 過払い/10万円以下はゼロ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相続放棄受理の連絡 | トップページ | 過払い/10万円以下はゼロ! »