« 1度も停電無し | トップページ | 債権譲渡と過払い金 »

2011年3月22日 (火)

相続登記をしないという選択

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

最近続けてご相談を受けたのですが、

相続人に未成年者がいる場合、

未成年者は遺産分割協議ができません。

不動産を相続人名義に変更するには、

・未成年者のために特別代理人を選任し、

 遺産分割協議をしたうえで登記をする

・法定相続分で登記してしまう

・法定相続分で登記をしておいて、

 未成年者が成人してから、

 遺産分割協議をして再度名義変更する

などの方法があり、その他に、

・とりあえず何もしないでおいて、

 未成年者が成人するまで待つ

という方法もあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、

お客様の状況・希望により、

どの選択がよいかは異なると思います。

ただ、相続登記をしないという選択の場合、

私の仕事も無くなってしまいますが・・・coldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 1度も停電無し | トップページ | 債権譲渡と過払い金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1度も停電無し | トップページ | 債権譲渡と過払い金 »