« 胃痛・腹痛 | トップページ | 携帯電話料金の債務整理 »

2011年5月13日 (金)

「及び」と「並びに」の使い分け

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

「及び」「並びに」とも、

並列を表わす接続詞ですが、

法令用語では区別して用いられます。

会社の目的(事業内容)を考える時に、

たまに悩んだりしますcoldsweats01

単純な並列の場合は「及び」が用いられ、

並列の接続関係が2段階になる場合は、

小さい接続には「及び」が用いられ、

大きい接続には「並びに」が用いられます。

イメージとしては、

リンゴ・ミカン・レタスはみんな食物ですが、

果物と野菜ということで、

「リンゴ及びミカン並びにレタス」

という感じでしょうか。

同じような使い分けで、

「又は」「若しくは」なんてものもあります。

日本語って難しい・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 胃痛・腹痛 | トップページ | 携帯電話料金の債務整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃痛・腹痛 | トップページ | 携帯電話料金の債務整理 »