« 川越で不動産の決済 | トップページ | 目隠しシールが剥がれない件 »

2011年6月24日 (金)

土地の一部が勝手に歩道に?

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

相続登記をご依頼頂いたお客様から、

「土地の一部が勝手に歩道にされてるみたい」

というお話がありました。

その歩道は市か県が整備したものなのですが、

謄本を見ても分筆などされた形跡はなし。

たまたまよく車で通るところなので、

公図と現況を照らし合わせてみると、

確かに土地の一部は歩道になってる気が・・・。

でも個人ではなく市か県がやったことなので、

まだ半信半疑ではありましたが、

お客様が市役所に問合せ、調べてもらったところ、

何かの間違いで売買なども行われず、

勝手に歩道を通してしまったようですsweat01

・・・ビックリですよdash

けっこう昔に歩道ができたようなので、

固定資産税の還付金も一部時効でしょうか・・・。

たまたまお客様が測量を必要としており、

その測量費用等は全額負担してくれるそうで、

とりあえず納得かな?という感じでした。

相続登記後に分筆をして一部売却となりそうです。

お客様は前々から疑問に思っていたようですが、

今回相続をきっかけに調査し判明しました。

こんなこともあるんですねぇcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 川越で不動産の決済 | トップページ | 目隠しシールが剥がれない件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越で不動産の決済 | トップページ | 目隠しシールが剥がれない件 »