« 時効を知っていれば・・・ | トップページ | 免責決定が届く »

2011年6月14日 (火)

プロミス側逆転敗訴?~最高裁が弁論指定~

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

クラヴィス→プロミスの切替案件ですが、

最高裁が弁論期日を9月2日に指定したようです。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20110614k0000m040130000c.html

1、2審とも債務者側が敗訴している案件なので、

どのような判断がなされるか注目です。

クラヴィス→プロミスの取引の場合、

「債権切替」になっている方と、

「債権譲渡」になっている方の、

2パターンが存在します。

「債権切替」になっている方は、

プロミスからのお知らせに従い、

わざわざ真面目に切替の手続きをした方です。

お知らせを無視していた方は、

勝手に「債権譲渡」になっているようです。

そして・・・真面目に切替の手続きをした方が、

現在は過払金を取り戻すのに、

苦労する状態になってしまっています。

なんかおかしいですよね・・・。

以前そのことをプロミス側に言ったら、

「切替の手続きした方は利息を下げてあげた」

とおっしゃっていました。

でも・・利息制限法超過なんだから・・・

当たり前の気が・・・。

今後切替案件が来たら、

しばらく様子をみようと思います。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 時効を知っていれば・・・ | トップページ | 免責決定が届く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時効を知っていれば・・・ | トップページ | 免責決定が届く »