« オンライン申請→法務局→相談 | トップページ | 登記に関連する最高裁判決ですが・・・ »

2011年6月 2日 (木)

遺贈と死因贈与どっちがいい?

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

遺贈も死因贈与も、

最終的なゴールは同じかもしれませんが、

手続きその他、色々違いがあります。

遺贈の場合はAさんが遺言書の中で、

「〇〇をBに遺贈する」と書くだけで、

Bさんの意思は関係ありません。

死因贈与の場合は、

Aさん「死んだら〇〇をBにあげます」

Bさん「もらいます。」

という風に両当事者の契約が必要です。

他にも死因贈与の場合は、

Aさんが亡くなる前に仮登記をして、

権利を保全することができますが、

遺贈の場合は仮登記はできません。

死因贈与の場合、不動産取得税がかかりますが、

遺贈の場合はかかりません。

その他にも何点か違いがあります。

では遺贈と死因贈与どっちがいいんでしょう???

答えは・・・人それぞれcoldsweats01

当事者の事情により異なります・・・。

こんな答えですいません。。。また明日paper

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« オンライン申請→法務局→相談 | トップページ | 登記に関連する最高裁判決ですが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンライン申請→法務局→相談 | トップページ | 登記に関連する最高裁判決ですが・・・ »