« 霊感の強いお客様 | トップページ | 代襲相続と未成年者 »

2011年7月28日 (木)

設立時代表取締役の選定方法

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

取締役会を設置しない会社において、

取締役を各自代表とはせず、

誰かを代表取締役に選定する場合、

いくつか方法があります。

①発起人の互選による方法

②定款で直接定める方法

③設立時取締役の互選による方法

注意点として③の方法を取る場合は、

定款に設立時代表取締役の選定方法として、

設立時取締役の互選による旨の規定を置き、

その規定に基づき選定する必要があります。

よく通常の代表取締役の選定方法として、

「取締役の互選により定める」という規定を置きますが、

この規定では認められないとされています。

あくまで「設立時」代表取締役について、

「設立時」取締役が互選で選定するという、

定款規定が必要ということです。

・・・と説明してはみたものの、

実務上は①か②がほとんどです。

私も①か②の方法しかやりません。

相当特殊な事情がない限り、

わざわざ面倒な③の方法をとる意味もありません。

じゃあ書くなって話ですけど・・・coldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 霊感の強いお客様 | トップページ | 代襲相続と未成年者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊感の強いお客様 | トップページ | 代襲相続と未成年者 »