« 開業3年目 | トップページ | 遺産分割は20歳になってから »

2011年7月 4日 (月)

家督相続と数次相続

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

昔の相続制度は、

現在の制度と全く異なっていて、

その中に「家督相続」という制度があります。

基本的には一家を引き継ぐ者が、

全てを相続することになります。

長男などが1番多いケースでしょうか。

相続のご依頼で登記簿謄本を取ってみると、

ご依頼者の曽祖父・祖父名義の土地がたくさん・・・。

まだ戸籍は見ていないのですが、

年代からして曽祖父については家督相続でしょう。

家督相続の場合、誰が家督相続したのかによって、

現在の相続人が大きく異なってきます。

ご依頼者は無関係ということも・・・あり得ます。

その他当然のことながら、

次々と相続が発生している模様・・・。

とりあえず相続関係をはっきりさせて、

その後のことは・・・後でじっくり考えようcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 開業3年目 | トップページ | 遺産分割は20歳になってから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開業3年目 | トップページ | 遺産分割は20歳になってから »