« 公正証書遺言の原本・正本・謄本 | トップページ | 法務局の名簿からのご依頼 »

2011年9月 2日 (金)

代理権の不消滅

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

抵当権の抹消をご依頼頂き、

お客様から書類を受け取ると、

最近完済した分の抹消書類の他に、

やけに古い書類がありました。

日付を見ると平成17年・・・。

抹消書類を受け取りそのままにしていたようです。

解除証書や委任状に記載されている代表者は、

当然すでに退任し現在は代表権はありません。

民法111条では本人の死亡などは、

代理権の消滅事由となっていますが、

不動産登記法17条によって、

登記申請の委任にあたっては、

本人の死亡や法人の合併等があっても、

代理権は消滅しないとされています。

閉鎖謄本などが必要にはなりますが、

当時の代表者からの委任状を使用して、

抹消することができます。

でも1つ気付いたことが・・・。

平成17年といえば開業どころか、

僕は司法書士ですらありませんcoldsweats01

その僕が平成17年当時の委任状に、

受任者として記載されているのは、

どう考えてもおかしいだろうとsweat02

こんなことで●●にはなりたくないよshock

こちらについては申請代理ではなく、

書類作成業務となりそうです。

ちなみに今回は代表者が変わっているだけでなく、

法人自体が他に承継され消滅しています。

申請書の義務者の記載の仕方に悩み、

管轄法務局に問い合わせると、

最終的に書面で照会してくれと・・・・。

なんか・・一癖ある登記がやたらと多い気がcoldsweats01

何事も勉強と思ってがんばろうsweat01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 公正証書遺言の原本・正本・謄本 | トップページ | 法務局の名簿からのご依頼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公正証書遺言の原本・正本・謄本 | トップページ | 法務局の名簿からのご依頼 »