« 合同会社の法人社員の意思表示 | トップページ | 定款認証で川越公証役場へ »

2011年11月18日 (金)

持分の相続登記をした場合

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

A・Bが各2分の1ずつ共有している不動産で、

例えばAが亡くなったため、

BがAの持分2分の1を相続し、

相続登記を申請すると、

新たに登記識別情報が発行されますが、

この新たに発行された登記識別情報は、

あくまでAから相続により取得した、

2分の1の権利に関するものです。

従前のA・B共有の権利証には、

Bがもともと持っていた2分の1の権利が、

まだ残ったままの状態になっています。

つまり2つの権利証(登記識別情報)を合わせて、

土地全部の権利証になるということです。

従前の権利証・・・捨てないで下さいね!

ちなみに所有権全部を相続した場合は、

従前の権利証は権利が無くなるので、

意味のないものになります。

もう以前のような権利証は作られないので、

記念に取っておいてもよいかもしれませんが。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 合同会社の法人社員の意思表示 | トップページ | 定款認証で川越公証役場へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同会社の法人社員の意思表示 | トップページ | 定款認証で川越公証役場へ »