« 志木市の会社設立依頼 | トップページ | 不在者財産管理人の報酬付与申立 »

2012年1月11日 (水)

住民票の代わりに印鑑証明書

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

売買や贈与の登記をするとき、

権利者(買主・受贈者)は住民票、

義務者(売主・贈与者)は印鑑証明書、

と書類の案内をしていますが、

ごくまれに権利者の方も、

印鑑証明書だけお持ちになる時があります。

ご案内していた住民票ではなく・・・。

何となく重要な手続きの時には、

「印鑑証明書」というイメージがあるんでしょうね。

このような場合、

「急いで住民票取ってきて下さ~い」ということでもなく、

便宜上、印鑑証明書を住所証明書として、

添付することもできます。

印鑑証明書に住所は出てますからね。

でも決済の時などは、

案内していた書類と違ったものが出てくると、

若干焦りますので、

あくまで便宜上ということで・・オネガイシマスcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 志木市の会社設立依頼 | トップページ | 不在者財産管理人の報酬付与申立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志木市の会社設立依頼 | トップページ | 不在者財産管理人の報酬付与申立 »