« 商業集中化で閉鎖謄本が・・・ | トップページ | 共有物分割登記が必要です »

2012年1月25日 (水)

過払金交渉で予想外の提示

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

P社と過払金の返還交渉。

「P社」と書いてもすぐわかりますねcoldsweats01

任意和解だとだいぶ先の返還を提示するので、

提訴した方が早く解決する場合も多々あります。

今回はご依頼者がP社の提示を聞いてから、

どうするか判断するとのことだったので、

任意で交渉してみましたが、

案の上提示された金額と返還日は、

7割なら8/31の返還、

5割なら3/30の返還、

という到底納得できるものではありません。

ご依頼者にもやはり提訴した方がよいとお話し、

再度P社に提訴する旨伝えると、

しばらくやり取りした後、

元金全額の3/1返還の提示がありました。

「えっ!?」と思わず聞き返してしまいました。

利息が何十万も付いている案件でもないのに、

任意の交渉で元金全額の提示。

しかも返還は約1ヵ月後。

これまでと比べても予想外の提示でした。

たまたま予算が空いていたのか?

対応が変わったのか?・・それはないな。

はっきり言って謎です・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 商業集中化で閉鎖謄本が・・・ | トップページ | 共有物分割登記が必要です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 商業集中化で閉鎖謄本が・・・ | トップページ | 共有物分割登記が必要です »