« 任意整理後の契約書の返還 | トップページ | 珍しい時間に郵便物到着 »

2012年2月28日 (火)

保存行為での相続登記

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

相続人同士で話しがまとまらないので、

とりあえず自分の相続分だけ登記をしたい、

というご相談がたま~にあります。

結論から言うと自分の相続分だけを、

登記することはできません。

ただし、保存行為として、

他の相続人全員の分も含めて、

登記することは可能です。

他の相続人が協力してくれなくても、

法定相続分での登記は手続上できます。

ただ・・司法書士的には悩みどころですよねsweat02

昔の権利証時代なら悩みもありませんが、

現在の登記識別情報の場合は、

発行される条件として、

「申請人自らが登記名義人となる場合」

となっています。

つまり手続きに協力してもらえず、

委任状がもらえなかった方については、

識別情報が発行されません・・・。

後で問題にならないかとsweat01

幸い?今まで実際に依頼されたことはないですが、

このようなご相談を受けるたびに、

「できるんですけどぉぉぉ」と、

微妙に歯切れの悪い回答になってしまいますcoldsweats01

なんとかならないもんでしょうか・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 任意整理後の契約書の返還 | トップページ | 珍しい時間に郵便物到着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 任意整理後の契約書の返還 | トップページ | 珍しい時間に郵便物到着 »