« 司法書士会からのメール | トップページ | 建物増築部分の評価漏れ »

2012年2月 2日 (木)

破産不動産の権利放棄後の売却

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

不動産の売却についてのご相談。

普通の売買かと思いきや、

ちょっと一筋縄ではいかない案件。

最近こういうのばっかりだなぁ・・・。

登記簿上の所有者は法人なんですが、

その法人の登記簿謄本を見ると、

10年位前に破産宣告を受けて、

その数ヵ月後に費用不足による、

破産廃止決定が確定し、

法人の登記簿が閉鎖されています。

通常は破産すると不動産などの財産は、

売却されて債権者に配当されるのでは?

と疑問に思う方もいると思いますが、

本件の不動産はある地方の山林数十筆のため、

破産管財人が権利放棄したようなんです。

破産管財人が権利放棄すると、

破産財団から外れ自由財産となり、

破産管財人の処分権限はなくなります。

破産者が個人であれば、

本人の処分権限が復活するんですが、

破産者が法人の場合は、

従前の代表者の処分権限が復活!とはならず、

清算人の選任が必要になります。

こういう場合の清算人の選任は・・・

やっぱり裁判所に申立ですかね~。

でも裁判所での清算人選任となると、

予納金が20~50万円位かかるんではないかと。

破産管財人が権利放棄するくらいの不動産ですから、

たまたま買い手が見つかったものの、

売却代金は皆さんご想像のとおりです。

せっかくの売却代金・・・無くなっちゃいますよcrying

他の方法で選任が可能かどうか、

色々と調べてみないと!

あぁ、もうすぐ日付が変わってしまうぅぅcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 司法書士会からのメール | トップページ | 建物増築部分の評価漏れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変参考になりました。今私(不動産業)が直面しているのは、法人が破産後.破算財団が、権利放棄した土地が、開発道路であり、それに面した土地が、その道路を使用できれば道路負担無く10~15区画形の良い土地が、分譲できます。価値ある土地と思います。他の不動産業者
が、破算会社へお金を支払い事を進めています。これは危険と考えています。お知恵をお借りしたいですが、

投稿: 大場信行 | 2017年3月 7日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 司法書士会からのメール | トップページ | 建物増築部分の評価漏れ »