« 1年間の保留案件 | トップページ | 調整割合による登録免許税還付 »

2012年3月30日 (金)

難解な相続登記

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

相続登記のご相談。

名義人は明治時代に亡くなっています・・・。

ある程度戸籍をお持ちだったので、

お預かりさせて頂き少し見てみましたが、

戸主ではないので遺産相続ですかね。

ちなみに遺産相続といっても、

一般の方がよくおっしゃる「遺産相続」と、

法律上の「遺産相続」は意味合いが違います。

相続人の範囲も順位も、

現行法とは全く異なります。

当然の事ですかそこから色々相続が発生し、

しかも現在相続人と思われる方の中に、

未成年者が3名ほどいらっしゃる模様・・・。

そして相続登記後に売却を検討されていますが、

明治時代の個人名の抵当権が付いてます・・・。

しかも抵当権者の住所が〇〇町しか記載がない。

胃がもたれそうですわぁcrying

何はともあれまずは相続人を確定させねば!

長期戦となりそうですcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 1年間の保留案件 | トップページ | 調整割合による登録免許税還付 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年間の保留案件 | トップページ | 調整割合による登録免許税還付 »