« 配偶者控除で不動産贈与 | トップページ | 連休前に過払金精算 »

2012年4月24日 (火)

仮登記に基づく本登記手続

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

所有権に関する仮登記について、

それを本登記にする際に、

登記上の利害関係人がいる場合は、

利害関係人の承諾書(印鑑証明書付)を、

添付する必要があります。

仮登記が入っている不動産を購入したりする人は、

現実的にはいないかもしれませんが、

理論上は先に仮登記をしておいても、

第三者に名義変更してしまうことは可能です。

そして仮登記を本登記にする際は、

当然先にした仮登記が優先するわけですが、

利害関係人である第三者がいる場合、

承諾書をもらわなければいけません。

利害関係人は承諾すべき義務を負う、

とされてはいますが、

利害関係人が任意に承諾書を出すのを拒否すれば、

裁判手続きにより強制するしかないでしょう。

とりあえず仮登記しておけば安心、

というのも間違いではないですが、

あとで面倒になる可能性もあります。

ちなみに抵当権設定仮登記など、

所有権以外の権利に関する仮登記を、

本登記にする場合には、

利害関係人の承諾書は要しないとされています。

今日はとても真面目な内容でしたcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 配偶者控除で不動産贈与 | トップページ | 連休前に過払金精算 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 配偶者控除で不動産贈与 | トップページ | 連休前に過払金精算 »