« 不動産を調査してみたら・・・ | トップページ | NISグループが民事再生申立 »

2012年5月 9日 (水)

株式譲渡と株券

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

会社法の施行後に成立した会社は、

株券「不発行」が原則となっていますが、

施行前から存在する会社は、

実際には株券を発行していなくても、

株券「発行」会社となっています。

株券発行会社の場合、

株式を譲渡するには、

原則として株券の交付が必要です。

そして株券の交付は、

株式譲渡の効力発生要件です。

単なる対抗要件ではありません。

譲渡の承認を得て譲渡の契約をしていても、

株券が交付されていなければ、

効力が発生していない=無効です。

実際に株券を発行していなければ、

株券を作って発行しなきゃいけませんね。

法律上の記載事項を満たしていれば、

手作りでもよいので。

たまに株は譲渡したという話を聞きますが、

それ大丈夫・・・?と思ってしまいますcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 不動産を調査してみたら・・・ | トップページ | NISグループが民事再生申立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不動産を調査してみたら・・・ | トップページ | NISグループが民事再生申立 »