« 資産の総額の変更登記 | トップページ | 発起人が法人の会社設立 »

2012年6月18日 (月)

住所変更と抵当権抹消

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

抵当権抹消登記をする際に、

所有者の登記簿上の住所と、

現在の住所が相違している場合、

前提として住所変更登記も必要になります。

登記簿上の住所については、

引っ越しをしても変更登記を申請しないと、

ずっと以前のままの住所になっています。

今回は登記簿上の住所はふじみ野市。

その後他県に住所移転し、

再度ふじみ野市の別住所に移転。

登記簿上の住所から現住所への、

繋がりを証明しなくてはいけませんが、

数回住所移転し年数が経過していると、

書類が取れず繋がらないのはよくあること。

でも以前の記事にも書きましたが、

ふじみ野市だったので古い除票も取れて、

あっさり繋がりましたflair

ふじみ野市でよかったなぁ~と、

最近よく思いますhappy01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 資産の総額の変更登記 | トップページ | 発起人が法人の会社設立 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 資産の総額の変更登記 | トップページ | 発起人が法人の会社設立 »