« 一歩前進 | トップページ | ふじみ野市の住民票除票 »

2012年6月 5日 (火)

農地の売買と仮登記

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

田・畑などの農地を売買する際は、

農地法の許可等が必要になります。

この許可は売買の効力要件ですので、

当事者で売買契約をしていても、

許可が得られていなければ、

所有権は移転していないことになります。

通常であれば代金決済までに許可を取り、

所有権移転登記をすることになりますが、

事情により許可が得られない場合、

許可を条件とした仮登記をすることがあります。

仮登記は権利を保全する意味で、

もちろんした方がよいのですが、

仮登記のままになっている事案が、

けっこう多いんですよね・・・。

売買代金の支払いを済ませている場合、

買主さんは当然自分のものと考えていて、

売主さんも代金を受け取っているので無関心です。

でも・・・まだ売買は成立していないんです。

こういうケースは相続の時に発覚することも多く、

両当事者がすでに亡くなっていて、

どうなっているのかわからない・・・

ということもよくあります。

昔は今ほど権利意識とか強くなくて、

お互いの信頼関係で成り立っちゃう部分もあって、

それはそれで良い時代だったと思いますが、

その後の相続人の方などは、

色々と大変です・・・。

ついでに僕も大変ですcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 一歩前進 | トップページ | ふじみ野市の住民票除票 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一歩前進 | トップページ | ふじみ野市の住民票除票 »