« シンキとの過払い訴訟 | トップページ | 供託~抵当権抹消 »

2012年6月21日 (木)

供託金額の計算

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

大正時代の古い抵当権の抹消。

抵当権者の調査の結果、

供託→抹消で進めています。

供託日も決まったので、

供託金額を計算して法務局で事前チェック。

抵当権の内容によっては、

計算がかなり複雑になることもあります。

僕は算数が苦手なので、

計算ソフトを持っていたりするcatface

今回も金額に間違いはありませんでしたscissors

僕の力じゃないけどね・・・。

あとお客様によく尋ねられることがあります。

例えば明治時代の抵当権。

債権額150円・利息1割2分。

供託で抵当権を抹消する場合、

元金と利息・供託日までの遅延損害金を、

全額供託しなければいけません。

「明治時代の150円だと、

今の貨幣価値に換算して、

いくらになっちゃうの?」

とお客様は心配されます。

確かに今の貨幣価値に換算したら、

とんでもない金額になってるでしょうね。

でも今の価値に換算する必要はありません。

債権額が150円であれば、

150円をもとに利息・損害金を計算するだけ。

供託金額は高くても数千円くらいです。

今回も1,632円でしたよflair

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« シンキとの過払い訴訟 | トップページ | 供託~抵当権抹消 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンキとの過払い訴訟 | トップページ | 供託~抵当権抹消 »