« 電子証明書の失効 | トップページ | お盆も通常営業です! »

2012年8月10日 (金)

認知(死後)の訴え

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

被相続人は父で母は先に死亡。

子供は自分1人ということで、

単純明快な相続!のはずでした・・・。

ただ話の中で、

「父母の婚姻の前に生まれて、

その後に父母が結婚した」

という言葉がありました。

まさかとは思いつつ、

戸籍の父親の欄がどうなっているか尋ねると、

「空欄」・・・というお答えが・・・・・。

嫌な予感が的中してしまいました。

婚姻していない男女の間に生まれた子供は、

父の認知がなければ、

法律上、父子関係は生じません。

これは皆さんご存知でしょうが、

たとえその後にその男女が結婚したとしても、

父の認知がされていなければ、

やはり父子関係は生じないんです。

父子関係が生じていないということは、

法律上父の子ではなく、

当然相続人ではないことになります。

相続人になるには認知してもらうしかありません。

でも・・すでに父は亡くなってます。

父に認知してもらうことはできません。

この場合認知の訴えを提起することになります。

父が死亡している場合は、

死亡から3年以内に提起する必要があります。

今回は近親者もほとんどいないようので、

立証もそれなりに大変なのではないでしょうか。

問合せ段階なのでまだ何とも言えませんが、

僕の予想通りだとすると、

単純明快な相続が一転、

かなり難解な相続になりそうですsweat01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 電子証明書の失効 | トップページ | お盆も通常営業です! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子証明書の失効 | トップページ | お盆も通常営業です! »