« 破産申立に方針決定 | トップページ | 後見(保佐)申立の面談へ »

2012年9月12日 (水)

不動産担保切替の最高裁判決

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

他の先生方のブログにもありますが、

不動産担保切替の最高裁判決について。

この判決に限って言えば、

消費者不利の判決です。

一連計算が認められず、

最初の取引の過払金は時効のようです。

この事案は最初の契約はリボ取引で、

不動産担保切替時の契約は証書貸付です。

リボ取引は枠内で借りたり返したり繰り返す

一般的なキャッシングです。

証書貸付は最初に一定額を借りて、

あとは返済だけするというものです。

リボ→証書貸付の切替の場合は、

毎度おなじみ「特段の事情」のないかぎり、

一連計算は認められないという趣旨です。

でも不動産担保の際もリボというケースは、

けっこう多くある気がします。

判決文や補足意見を読んでいると、

リボ→リボへの切り替えの場合は、

一連計算が認められそうな雰囲気ですかね。

あくまで雰囲気ですけど・・・coldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 破産申立に方針決定 | トップページ | 後見(保佐)申立の面談へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 破産申立に方針決定 | トップページ | 後見(保佐)申立の面談へ »