« 今年最初の不動産売買 | トップページ | 司法書士受験生向け講演会 »

2013年1月11日 (金)

外国人の住民票と前住所

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

夫婦共有で不動産を購入。

その後離婚したため、

夫の持分を妻に財産分与で移転。

比較的よくある事例ですね。

すでに両名とも登記簿上の住所から移転済み。

登記義務者となる夫については、

移転登記の前提として、

当然住所変更の登記が必要となります。

登記権利者の妻については、

現在登記されている部分については、

住所変更しなくても財産分与の登記手続きはできます。

ただ、普通は既存の登記部分についても、

連件で住所変更登記をしてしまいますね。

ただ今回は妻が外国人の方です。

平成24年7月9日以降、

外国人の方にも住民票が発行されています。

それ以前は登録原票記載事項証明書でした。

しかし外国人の方の住民票の場合、

平成24年7月9日より前の住所の履歴が記載されません。

今回も前住所の部分が空欄です。

これでは住所変更登記の際に、

住所の移転の経緯が証明できません。

で・・・住所の履歴をどう証明するかというと、

法務省に外国人登録原票を請求する必要があります。

ただ1ヵ月位かかるとか・・・・・。

でも事案が財産分与なだけに、

「さっさと終わらせたい!」という雰囲気がsweat01

とりあえず移転だけ先にするかなcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 今年最初の不動産売買 | トップページ | 司法書士受験生向け講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最初の不動産売買 | トップページ | 司法書士受験生向け講演会 »