« 小為替が足りないと・・・ | トップページ | 戸籍が二重に? »

2013年2月15日 (金)

合同会社の解散・清算人選任

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

合同会社の解散と清算人選任登記。

そういえば合同会社の解散は初めてだ。

総社員の同意で解散するケースがほとんどでしょう。

合同会社が解散する場合は、

合名・合資会社の場合とは違い、

任意清算は認められず法定清算になるため、

清算人の選任が必要になります。

清算人の選任パターンはいくつかありますが、

社員(業務執行社員)の過半数の同意によって、

清算人を選任する場合の就任承諾書の要否。

商業登記ハンドブックを見ると、

社員が清算人に選任された場合には、

当該社員には就任義務があるから、

就任承諾書は要しないとする見解が有力。

でも、条文上明らかでないので、

就任承諾書を添付するのが「無難」と書いてある。

実際の法務局の運用はどうなんでしょうかね?

ちなみに法務省HPの記載例では、

就任承諾書が添付書類となってますが。

まぁ、いずれにせよ就任承諾書はもらうので、

悩むことではないんですけどflair

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 小為替が足りないと・・・ | トップページ | 戸籍が二重に? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小為替が足りないと・・・ | トップページ | 戸籍が二重に? »