« 合同会社の解散・清算人選任 | トップページ | 住居表示実施後に行政区画変更 »

2013年2月18日 (月)

戸籍が二重に?

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

被相続人の戸籍をさかのぼって取得しています。

A市の戸籍には昭和22年に、

B市の戸籍から入籍という記載があったので、

B市に戸籍を郵送請求していました。

B市から戸籍が届いたので内容を確認すると、

A市の戸籍に入籍して除籍となっているはずが、

その戸籍にはA市の戸籍への入籍の記載がなく、

被相続人は除籍にもなっていない・・・。

除籍になっていないもんだから、

平成10年位に改製までされちゃっています。

なんだか訳がわからないので、

B市役所に電話で問い合せると、

「昭和」22年にA市の戸籍に入籍したという通知が、

ず~~~っと遺漏していて、

「平成」22年にようやくあったらしいcoldsweats01

だからそれまでは当然B市の戸籍は除籍にならず、

昭和22年~平成22年までの間、

被相続人の戸籍は二重というか、

ダブって存在してしまうことになったわけでした。

色々なことがあるもんですなsweat02

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 合同会社の解散・清算人選任 | トップページ | 住居表示実施後に行政区画変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同会社の解散・清算人選任 | トップページ | 住居表示実施後に行政区画変更 »