« 同一年度で不動産価格が相違? | トップページ | 売却前には相続登記を! »

2013年3月 1日 (金)

過払金に関連する最高裁判決(H25.2.28)

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

過払い請求に関する記事は久々です。

昨日最高裁の判決が1つ出ておりました。

最高裁平成25年2月28日第一小法廷判決

過払金を自働債権として相殺するには、

過払金の消滅時効完成前に、

受働債権と相殺適状にあったことを要する。

また、受働債権が相殺適状にあるというためには、

期限の利益の放棄又は喪失等により、

その弁済期が現実に到来していることを要する。

かなり大まかですがこんな感じです。

以上、ご参考まで・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 同一年度で不動産価格が相違? | トップページ | 売却前には相続登記を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同一年度で不動産価格が相違? | トップページ | 売却前には相続登記を! »