« 法定相続の登記だと思ったら | トップページ | 過払い請求のご依頼 »

2013年3月 6日 (水)

土地の分筆と(根)抵当権

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

抵当権等が設定された土地を分筆すると、

原則として分筆後の土地についても、

抵当権等は転記されます。

もともと土地全体に対して、

抵当権等は設定されていたわけですから、

まぁ、当然のことですね。

ただ分筆の申請をする際に、

抵当権者等の消滅承諾書を添付すれば、

抵当権等は転記されません(消滅します)。

分筆後にその一方を売買する案件があり、

担当している調査士さんに確認してみたら、

分筆と同時に消滅(抹消)させるとこのこ。

ということで僕は所有権移転登記だけで済みそうです。

ただ、抵当権者(金融機関)の承諾書がまだもらえず、

分筆の申請ができないということで、

来週の決済は延期となりました。

おそらく今月下旬の決済になるでしょう。

予定がかぶらないといいな・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 法定相続の登記だと思ったら | トップページ | 過払い請求のご依頼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法定相続の登記だと思ったら | トップページ | 過払い請求のご依頼 »