« 1日で相続登記完了 | トップページ | 労働審判の2回目期日 »

2013年3月14日 (木)

転縁組と相続権

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

普通養子縁組の場合、

すでに養子縁組をしている養子が、

さらに別の養親との間で、

養子縁組(転縁組)をすることもできます。

通常は単身者の養子が転縁組をすると、

新たに養子縁組をした養親の戸籍に入り、

最初の養親の戸籍からは除籍されますが、

除籍されたからといって、

最初の養子縁組が解消されたわけではありません。

離縁をしない限り養親子関係は継続します。

また、養子の戸籍の氏名欄には、

新たな養親の氏名のみが記載されますが、

同様に最初の養子縁組は継続しています。

つまり転縁組をしている養子は、

全ての養親の相続人になる権利があります。

現在手続き中の戸籍を調査していたら、

ある方は3回くらい転縁組していました。

また、ある方は5、6名を養子にして、

その後は離縁を繰り返したりと、

養子に関する内容が盛りだくさんでした。

色々な事情があったのでしょうが、

わけがわからなくなりそうですcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 1日で相続登記完了 | トップページ | 労働審判の2回目期日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日で相続登記完了 | トップページ | 労働審判の2回目期日 »