« 会社設立打ち合せからスタート | トップページ | 新生フィナンシャルの取引履歴開示漏れ »

2013年4月 2日 (火)

原野商法と二次被害

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

「ここはいずれ大幅に値上がりする」と言われ、

実際は何の資産価値も無い原野や山林を購入させられる。

これが原野商法というやつで、

バブル期などに多かったようですが、

相続登記を受託していると、

結構このような不動産に出くわします。

現在受託中の案件の中にも、

そのような不動産が混じっておりましたが、

先日お客様から連絡があり、

購入希望者がいるらしいとのこと。

しかもなかなか良い金額だそうだ。

本当に高く売れるのなら問題ないですが、

原野商法の二次被害もあります。

業者がすでに買い手は付いているが、

売却するにはその前に測量が必要とか、

整地が必要だとか言ってきて、

その分の費用を請求してくるわけです。

そして費用を支払ったら、

業者と連絡が取れなくなるというケースもあります。

気をつけましょう!

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 会社設立打ち合せからスタート | トップページ | 新生フィナンシャルの取引履歴開示漏れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社設立打ち合せからスタート | トップページ | 新生フィナンシャルの取引履歴開示漏れ »