« 原野商法と二次被害 | トップページ | 減税はないけどオンライン申請 »

2013年4月 5日 (金)

新生フィナンシャルの取引履歴開示漏れ

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

新生フィナンシャル(レイク)は取引履歴を請求すると、

1993年9月以前の取引についてはデータがないとして、

開示されない状態となっていましたが、

2年ほど前に開示漏れがあったという発表が出ました。

そしてその後の調査結果で判明した内容が今回発表されました。

以下、新生フィナンシャルHPより抜粋。

判明した内容

(1)一部のお客様の1993年9月以前のお取引に係る取引日及び貸付額・入金額のデータ
 (該当のお客様お一人あたり平均約1.8件。なお、2005年7月19日以降に弊社に開示請求をされたお客様のうち、上記データが開示されなかった可能性のあるお客様は最大約4万名です。)

(2)一部のお客様の1990年1月から1993年9月までのお取引に関する参考データ
 (上記の期間の一部における取引年月、月次入金金額合計、月次貸付金額合計、利率及び月末債務残高)

今後の対応

(1) 発見されたデータの開示
 今回発見された上記1.(1)のデータにつきましては、2013年5月末をめどに、取引履歴のデータベースに組み込む作業を完了させ、お客様より取引履歴のご要望を受けた場合には、新たな取引履歴開示システムを利用し、従前から管理している取引履歴とともに開示いたします。組み込み作業完了までの期間につきましては、従来同様の履歴開示を行います。
 今回発見された上記1.(2)の参考データにつきましては、取引履歴ではないものの、お客様からのご要望に応じて対応させていただきます。対応開始時期は上記同様2013年5月末を予定いたしております。

以上、ご参考まで。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 原野商法と二次被害 | トップページ | 減税はないけどオンライン申請 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原野商法と二次被害 | トップページ | 減税はないけどオンライン申請 »