« 登記の職権更正 | トップページ | 定款を変更するには »

2013年5月23日 (木)

古い建物の相続登記

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

同じ敷地上に建物が数棟あって、

それぞれに附属建物も登記されている物件。

相続登記のために名寄せ・評価証明書を確認すると、

他にも未登記建物や未登記増築部分があるようで、

どの評価額がどの物件のものなのかさっぱりわからない。

とりあえず市役所に確認してみると、

古い建物で数もたくさんあるので、

はっきりわかっていないらしい・・・sweat02

最終的に法務局で打ち合せをしてきて、

登記簿と評価証明書上の建物のうち、

明らかに合致する部分は評価証明書の金額を使い、

その他は新築認定単価に補正率をかけて、

課税価格を算出することになりました。

そうするしかないですよね~。

市役所に確認したところでは、

現況は存在してない附属建物もあるようなんですが、

登記が残ってしまっているので、

その分も登録免許税は課税されてしまいます。

取り壊したらちゃんと登記しましょう・・・。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 登記の職権更正 | トップページ | 定款を変更するには »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登記の職権更正 | トップページ | 定款を変更するには »