« 登記の完了が早い | トップページ | 労働審判手続申立書の作成 »

2013年5月 8日 (水)

各種法人の理事等の任期

相続・会社設立 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

だいぶブログの更新をさぼってしまった・・・sweat02

学校法人の理事長の登記が無事完了。

学校法人、医療法人、宗教法人etc、

法人によって任期の定めはバラバラです。

それぞれの法人の根拠法によるわけですが、

例えば医療法人は2年以内と定められていますが、

学校法人は根拠法には任期の定めはなく、

寄附行為で定めているケースが一般的です。

あと寄附行為の定め方によっては、

任期伸長規定になるのか、

権利義務承継規定になるのか、

違いが出てくる場合もあります。

任期をしっかり読み取らないと、

退任日を間違えることになりますし、

「重任」ではなく「退任+就任」になることもあり得ます。

あまり頻繁にある登記じゃないだけに、

とても神経をつかってしまうcoldsweats01

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 登記の完了が早い | トップページ | 労働審判手続申立書の作成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 学校法人の寄付行為の中で、役員の任期の条項で「役員は、任期満了の後でも、後任の役員が選任されるまでは、なお、その職務を行う。」とありますが、この規定は任期伸長規定でしょうか?それとも権利義務承継規定でしょうか?

投稿: | 2015年4月22日 (水) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登記の完了が早い | トップページ | 労働審判手続申立書の作成 »