« 不在者財産管理人選任or失踪宣告 | トップページ | 相続放棄の準備 »

2013年7月19日 (金)

平成25年7月18日最高裁第一小法廷判決(過払関連)

債務整理・過払い請求 無料相談実施中telephone
埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

相続専門サイトはこちら
埼玉司法書士相続相談室

過払関連の最高裁判決が出ていました。

引き直し計算をする際の、

利率に関係するものですね。

(裁判要旨)

基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引において

過払金が発生している時点で新たな借入れをしたときの

利息制限法1条1項にいう「元本」の額

(判決)

継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて

金銭の借入れと弁済が繰り返され

同契約に基づく債務の弁済が

その借入金全体に対して行われる場合において

過払金が発生している時点で新たな借入れをしたときには

利息制限法1条1項にいう「元本」の額は

新たな借入金に上記過払金を充当した後の額をいうものと解する

のが相当である。

以上、ご参考まで。

ランキング参加中です。
クリックお願いします!!!
   ↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

|

« 不在者財産管理人選任or失踪宣告 | トップページ | 相続放棄の準備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不在者財産管理人選任or失踪宣告 | トップページ | 相続放棄の準備 »